光脱毛の施術法や痛み


光脱毛というのは、皮膚の表面のメラニンにのみ反応する特別な光を照射して、毛根にダメージを与えます。そうすると毛が生えるのを抑えることができるのです。光脱毛で用いる光は黒い色素に反応するので、施術の前には日焼けをしてしまうと思うように効果が得られません。また、しっかりと光が反応するためにはムダ毛が薄めの人や細い人にはあまり効果が感じられないこともあります。

光脱毛はある程度広範囲にわたって一度に光を照射するため、施術にはあまり痛みがないと言われています。ゴムを弾く程度と言われており、十分我慢できる痛みであるとされています。

そして、回数を重ねると痛みが軽くなるということも言われています。ただ、痛みが少ない分効果は他の脱毛よりも少ないという言い方がされます。これは、一度の施術で二度と新しいムダ毛が生えてこないようにはならないことであり、回数を繰り返せばムダ毛が細くなったり量が減ったりとあまり目立たなくなってくるようになります。そのため、光脱毛は永久脱毛とは言えないとされています。脱毛が終わって時期が経つとまた太めのムダ毛が生えてきたり、妊娠や出産でホルモンバランスが変わったことでムダ毛が生えてきたりということもあると言われています。